創造学園講義:「認知症サポーター養成講座」5月30日

日本は、認知症になる方が年々増え続けているけれど、それだけ長生きをしていられるほど豊かな国であるのだとのお話に、皆さん頷きながら聞いていました。ミャンマーの方では平均寿命が約60歳だそうです。創造学園は65歳以上じゃないと入れないことを考えると、国の様々な事情によってこんなに違うもんなんだと改めて思えました。荒木先生の軽快な口調で、前向きに考えることの出来る良い講義となりました。

物忘れと認知症の違いに耳を傾ける学園生

認知症サポーター養成について説明しているところ

創造学園講義:「どういう症状になったら整骨院に行くのか」5月28日

ストレッチなどは人によって行った方が良いもの、逆に悪いものがあるということなど詳しく説明してくださいました。また、骨盤が前に入っているか後ろに入っているかで、猫背か反り腰かのタイプに分かれるということで、学園生全員診断してもらいました。体の痛みは、一時期なくなったとしても、根本になる所を治さない限り繰り返すので、まずはそれをつきとめるのが大事だということも教わりました。

整骨院と整体院の違いについて講師が話しているところ

二人ペアになって体のバランスを確認しあっているところ

 

創造学園講義:「スマホ体験講座②」5月23日

スマホの講座は、前回が基本操作とLINE体験で、今回は地図の見方やキャッシュレス体験と少しステップアップした内容になりました。新しい発見があったり、日頃から疑問に思っていることを質問したり、スマホが少し身近に感じられたように思います。使いこなすほどに、日常でも役立つと思いました。まずは、恐れずに触ってみることから始めるのが大切だという声も聞こえてきました。また、ステップアップの講義が出来たらいいと思います。

スマホの基本操作についてスクリーンを投影して説明しているところスマホの貸し出し機器で、実際に触って学んでいる様子

創造学園講義:「見て、知って、伝えたいレンガの歴史」5月21日

創造学園でも重要な位置づけとなっているこの講義ですが、いつも資料を提供してくれいる喜田先生が諸事情により今回はできないので、代わりに、浦辻氏がそれらを元に講義を行うことを了承して頂き実施することとなりました。レンガの積み方や刻印がしてあるものを探してみるなど、歴史の楽しみ方も教えてくださいました。ただ、その時代のように特殊な積み方が出来る職人が、今ではもうほとんどいらっしゃらないので、現存している建物はとても貴重だということも教えてくださいました。気になる北海道のレンガのルーツは、函館近くの茂辺地煉化石製造所だということ、他にもユーモアを交えての講義に、学園生の皆さんも楽しくレンガの歴史を学ぶことが出来ました。

レンガの歴史についてスクリーンに映したスライドで説明しているところ北海道地図をスクリーンに映しながら説明しているところ

創造学園講義:「今後に備えて知っておきたいお金の話」5月16日

日常生活で必要な、お金に関する様々な知識を、具体的な例を出してわかりやすくお話して頂きました。フィッシング詐欺や、電子マネーのメリットとデメリット、そして医療保険の高額療養費などは、70歳未満とそれ以上では計算方法が変わるなど、とてもためになる内容でした。学園生の皆さんも日常生活で気を付ける意識が高まる講義でした。

ためになるお金の話を学園生たちに講義しているところ詐欺にあわないためにはどうするかを座って聞いている所

創造学園講義:「生涯学習と豊かな暮らし」5月14日

今日の講義は6つのグループに分かれて、「豊かな暮らしとは?」などについて、みんなで意見を出し合い発表しました。「平等」と「公正」の違いや今の社会の現実などについても、わかりやすくお話していただき、改めて未来を考える講義となりました。

豊かな暮らしについての意見をホワイトボードに書いて説明している所グループに分かれてお互いの意見を交換しあっている学園生達

創造学園講義:「月寒あんぱん物語」5月9日

月寒の地名の由来やあんぱん道路の歴史、地元の移り変わり、月寒あんぱんにかける本間社長の思いを、ユーモアも交えながらの講義に皆さん頷きながら聞いていました。何事も続けることの難しさを改めて感じられる講義となりました。

月寒あんぱんの歴史について、スクリーンを見ながら話を聞く学園生達講師の方がパソコンの資料を見ながらお話しているところ

創造学園:講義「学びへの誘い~2年後をイメージして~」

今日は公民館館長による講義でした。リラックスする為の手指の運動から始まり、漢字や数字などを使って2年間の学びに関することをクイズ形式で教えて頂きました。皆で相談しあって答えを導き出したり、館長の軽快なトークに笑い声も多く、終始楽しい雰囲気での講義となりました。2年間の学びを大切にする意識が高まったように感じました。

リラックスするために手指の運動をしているところ漢字を使って、見方を変えると見えてくるものがあるという話しているところ

創造学園:自己紹介・ミニ交流会

創造学園48期生の第1回目は、自己紹介とミニ交流会でした。最初に創造学園歌の練習をし、次に健康体操もしました。皆さん、動画を見ながら初めてなのにとてもスムーズに出来ました。名刺代わりの「マイカード」や「自己紹介シート」を使ってそれぞれお話をされ、ミニ交流会のゲームでは、副学園長も参加して、頭を使ったり体を動かしたりして楽しく交流が出来ました。皆さんの作ったマイカードもとても素敵でした。

名刺代わりの手作りのマイカードをホワイトボードに掲示している様子

マルバツクイズに答えている様子

創造学園:講義「無限に広がる大宇宙」4月25日

講師の方が、宇宙になぜこんなに興味を持つ様になったかを、時代と共に話が展開していきました。地球から月や太陽との距離など、人間やリニアモーターカー、飛行機などを例にどれくらいで着くのかなどを、みんなで考えて意見を出し合いました。最後は「世の中で一番早いものが光である」ことをあらためて認識できる講義となりました。

宇宙に興味を持つ様になったきっかけがアニメや天体望遠鏡だったことを説明している様子

パソコンと地球儀を使って、宇宙について話している様子