創)教養科:「文化祭リハーサル」10月18日

創造学園46期教養科は、文化祭リハーサルを行いました。本番同様に、隊形を決めて、健康体操「365歩のマーチ」の曲に合わせて行いました。もちろん、入退場についても確認をしました。ステージやひな壇の舞台は初めての経験なので、思ったより緊張していましたが、2.3回の練習を積み上げて、随分リラックスした体操姿になりました。10月22日(土)の本番では表情豊かな健康体操を披露できると思います。後半の11時ころから、45期生が来て、歌の練習をしました。本番と同じステージやひな壇を使って、三曲の歌を歌いました。隊形を決め、指揮者に合わせて、特に出だしを合わせることに集中して練習をしました。十分な日程のない中でも、思い出に残そうと思い、出演することになった45期生ですが、楽しく当日10月23日(日)を迎えてほしいと思います。

教養科の健康体操を演じている様子を撮影した写真専攻科のむ自主練習で、歌の練習をしている様子を撮影した写真

12月開講講座のお知らせ

11月17日(木)~11月23日(水)の間、お電話で先着順にて受付します。受付時間は10時~17時まで。

 

洋服選びが楽しくなる!大人の服塾

「どんな服を着ればいいかわからない」毎日の洋服選びに困っていませんか?クローゼットに眠っている洋服の活用方法から、洋服選びが楽しくなるアレンジ方法をプロのスタイリストから学びましょう。

 

1回目 おしゃれとは?自分のスタイルを作ろう!

2回目 普段着のコーディネートレッスン

3回目 ストールを簡単におしゃれに巻く方法

 

日 程:12月2日、12月9日、12月16日(全3回・金曜日)

時 間:13時30分~15時30分

対 象:豊平区にお住まいかお勤めの方(中・高生を除く)

定 員:10名

受講料:2,000円(教材費込み)お支払いは講座の初日12月2日にお願いします

持ち物:筆記用具

場 所:月寒公民館 3階 第3研修室

講 師:スタイリスト 服塾代表 黒田 有希子

 

お申込・お問合わせは月寒公民館 851ー0482まで。

創)視察研修:「月寒公園の散策研修」10月13日

創造学園45期専攻科は、「月寒公園」を散策し研修しました。豊平区ではよく知られた公園ですが意外とその良さを理解できていないのが実状ではないかと思います。良さ、素晴らしさの発見、意外な一面や昔と今を較べ現在の変わりよう等、いろいろな視点で見つめ直します。各班はゆったりと公園の自然、施設、記念碑等を、語らいながら見て回りました。今回の散策研修で発見したこと感じたこと等を簡単に研修報告用紙にまとめて提出しますが、どんな報告になるのか楽しみです。

月寒公園の畔を観察している学園生の様子を撮影した写真池の畔で休んでいる鴨を撮影した写真

創)講義:「歌と絵手紙で綴る札幌の文化財」10月11日

(一財)北海道文化財保護協会副理事長田山修三先生にご講義いただきました。講義は、「ふるさと」「どんぐりころころ」「好きですサッポロ」「青い山脈」等を歌い、それらの歌にまつわる札幌の文化財や木、花などのお話を絵手紙とともに説明していただきました。後半も「時計台の鐘」「時計台のある街」「恋の町札幌」「高校三年生」等を歌いました。文化財としては、八窓庵、赤れんが庁舎、開拓使本庁舎、豊平館、清華亭などのお話をお聞きしました。どの絵手紙も迫力があり、見事で、学園生は終始笑顔でたいへん充実したご講義でした。

講師お二人の横から会場の様子を撮影した写真会場の様子を撮影した写真会場の後ろから講義の様子を撮影した写真講師お二人の後ろから会場の様子を撮影した写真

中期講座「初心者のためのやさしい英会話講座」終了しました

先生と英会話を楽しみます。 先生の説明に聞き入ります

講師のネイティブの発音に合わせて、発音の練習をしっかり基礎から学び、楽しく全6回を終了しました。

中期講座「はじめての健康マージャン」終了しました

先生が後ろから助言します 皆さん、楽しそうに卓を囲みます

はじめてマージャンをする方へむけて、難しい専門用語もなく、とてもわかりやすい説明で受講者の方からも楽しかったという声が多く、全6回講座が終了しました。

公  告

除排雪業務について一般競争入札を行います。

仕様書は事務室にて配布します。(配布期間 令和4年10月17日~令和4年10月20日)

見積書提出期限  令和4年10月27日12時

中期講座「伝筆講座~くせ字を魅力に変える筆文字~」終了しました

受講者の方々が作品制作に取り組みます
趣のある作品の数々

文字の細い・太いところを書き分けながら、パステルで色付けをしたり、1人1人個性あふれる、自分らしい作品が出来上がりました。

創)視察研修:「札幌市下水道科学館」10月6日

創造学園45期専攻科は、札幌市下水道科学館を視察研修しました。副館長のガイドを受けながら館内を30分間ほど回りました。その後、班ごとに、更に体験をしながら各展示コーナーを回りました。小学校4年生向けの展示物や体験でしたが、札幌市の下水道について楽しみながら理解を深めることができました。水再生プラザはコロナの関係で今回は見学できませんでしたが、機会があればまた来館したいという気持ちになりました。

ジオラマ模型を囲んで説明をしている様子を撮影した写真ガイドさんの説明を聞いている様子を撮影した写真ガイドさんの説明を聞いている様子を撮影した写真ガイドさんの説明を聞いている様子を撮影した写真

創)講義:「介護の現状と課題」10月4日

創造学園46期教養科は、社会福祉法人ノテ福祉会、つしま医療福祉グループ総合相談センターのセンター長荒木めぐみ様に「介護の現状と課題」というテーマでご講義いただきました。「何歳から高齢者ですか?」という問いかけからお話は始まり、高齢社会の現状をいろいろな資料を基に理解しました。学園生に問いかける形で講義は進みました。日頃、疑問に感じていることを具体的に取り上げて、丁寧に解説していただきました。「特養と老健って何が違うの?」、「介護付き有料と住宅型有料って何が違うの?」、「グループホームの入居要件は?」、「小規模多機能型居宅介護」、…、あっという間に終了の時刻になりました。質問にも一つ一つ丁寧に答えていただき、学園生はもっとお話を聞きたいという様子でした。

講師の横から講義の様子を撮影した写真講義の様子を撮影した写真講師の後ろから会場の様子を撮影した写真講義の様子を後ろから撮影した写真