キャンセル返金対応期間延長のお知らせ

新型コロナウイルス感染防止のため、予約していた貸室利用をキャンセルする場合、5月17日まで返金対応とさせていただいておりました。この期限がさらに6月17日(金)まで延長されることとなりましたのでお知らせいたします。また、利用者の皆様には引き続き感染対策へのご協力(三密回避、マスク着用、黙食、消毒、換気など)をよろしくお願いいたします。

*開放事業につきましては段階的に再開できるよう準備しておりますので、もう少々お待ちください。

創)講義:「生涯学習と豊かな暮らし」 5月17日

創造学園46期生は、NPO法人さっぽろ自由学校”遊”事務局長の小泉雅弘先生にご講義いただきました。最初に「豊かな暮らしとは?」という問いかけから始まりました。グループ毎に話し合い考えたことを発表しました。先生がホワイトボードに板書し共有する形で行われました。続いて「ESD=持続可能な開発のための教育」について説明を受けました。世代間の公正と世代内の公正を守るためには、一人ひとりが意識を変えていく必要があること、そのためには教育を捉えなおし、市民力を身につけることが大切であるとのことでした。最後に、「2030年までに達成したい社会の目標は何か?」という問いかけに、学園生は終始真剣に考えていました。みんなで話し合うこと、学びあうことが社会を作っていくというお話に改めて理解を深めたご講義でした。

会場の後ろから撮影した様子講師の横から会場の様子を撮影した写真話合いの結果を発表している様子を撮影した写真講師の後ろから会場の様子を撮影した写真

創)視察研修:「つきさっぷ郷土資料館」 5月12日

創造学園45期専攻科は、つきさっぷ郷土資料館を視察研修しました。公民館に集合した学園生は、途中、つきさっぷ中央公園やアンパン道路入口、旧陸軍の食糧庫壁の煉瓦、営門の松などを見学しながら歩きました。また、「豊平れんが物語」の講義で取り上げた建物にも寄り、当時のれんがをしっかり見届けました。館長様をはじめボランティアスタッフの皆さんが多数出てくださり、各展示室で説明してくださいました。懐かしい物、珍しい物、北部方面軍司令部防空指揮所跡のDVD視聴等いろいろな展示物を興味深く拝見させていただきました。月寒の郷土の歴史にたっぷり触れた研修でした。

資料館前で打ち合わせをしている様子を撮影した写真資料室で展示を観覧している様子を撮影した写真展示を観覧している様子を撮影した写真展示を観覧している様子を撮影した写真

【体・お腹・背中すっきり講座】、【初心者からはじめる水彩画講座】は受付終了しました。

【体・お腹・背中すっきり講座】、【初心者からはじめる水彩画講座】は募集定員に達しましたので受付終了しました。

創)交流:「自己紹介&ミニ交流会」 5月10日

創造学園46期生は、自己紹介とミニ交流会を行い、最後に班長・副班長を選出しました。事前に提出されたカードを元に、学園生のプロフィール集を用意し、それを見ながら、自己紹介を進め、徐々に和やかな雰囲気になりました。その後、ミニ交流会になり、○✕クイズ、タオルかけリレー、歌あてクイズをして楽しみました。最後に班長・副班長を決めて終えました。短時間の交流であるにもかかわらず、46期生の親睦は深まったように思います。

各班が丸く囲んで自己紹介をしている様子を撮影した写真マイカードを交換している様子を撮影している写真○✕クイズをしている様子を撮影した写真タオルかけリレーの様子を撮影した写真

創)講義:「りんご倉庫」は豊平の宝  4月28日

創造学園45期専攻科は、とよひら煉瓦発掘会元代表の喜田信代先生にご講義いただきました。煉瓦にかかわるお話を皮切りに、豊平区に残るりんご倉庫やサイロ、つきさっぷ郷土資料館、キャンプクロフォード(真駒内自衛隊基地)等、月寒に残る煉瓦造りの建物、連隊の建物を再利用した建物などを次々と紹介していただきました。また、札幌と北海道の煉瓦のルーツと北海道のレンガ造りの建物を紹介し、限られた時間の講義を締めくくられました。まだまだお話を伺いたいという思いが学園生の表情からも伺えました。喜田先生の煉瓦にかけた情熱が学園生に伝わり、時間を忘れてしまうほど楽しく、かつ、引き付けられたご講義でした。

講師の横から会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子会場の後ろから撮影した様子講師の後ろから会場の様子を撮影した写真

創)講義:「自然との調和」 4月26日

創造学園46期生は、月寒公民館館長・創造学園副学園長の南博様をお迎えしてご講義いただきました。「自然との調和」と題して、アメリカシロヒトリという蛾のお話から始まり、鳥のシジュウカラ等を例に自然界の大原則「2匹の親から2匹の子が育つ」について説明されました。クイズやエピソードを交え楽しい雰囲気の中で、魚類の鰊、鮭、…、両生類、爬虫類と進み、その進化についても触れられました。私たちも自然の中で生きる動物であることを再認識することとなりました。リズムある語り口とゆったりとした展開で、学園生は何度もうなずくことが多く理解を深めていました。次回は、ゴーデンウィーク明けの5月10日です。

講師の横から講義の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子講師の後ろから講義の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子

創)講義:「振り返り&オリエンテーション」4月21日

創造学園45期専攻科は、始めに、教養科の1年間を振り返り、その後、オリエンテーションを行いました。1学期の学習予定の確認、視察研修の要領、そして、専攻科の大きな活動である「個別学習の発表」について説明がありました。今日のオリエンテーションで、専攻科の学習を見通せたことで、気持ちを新たにしたようです。

会場の後ろから撮影した様子会場の中央で、正面から撮影した写真会場の横から撮影した写真会場の後ろから撮影した様子

新型コロナウイルス感染防止に関わるお知らせ

☆利用時にコロナ対策がとれず、貸室をキャンセルされる場合の返金対応期間が5月17日まで延長になりました

☆公民館利用の際にはこれまでの感染対策(下記)の徹底をお願いいたします。

・マスクの着用  ・こまめな消毒  ・飲食は短時間、黙食で

・大声が予想されるとき、貸室利用は定員の5割まで

☆開放事業は中止を延長します。

創)46期入校式&オリエンテーション  4月19日

豊平区創造学園第46期入校式を行いました。入校生のお名前を一人ひとり呼び上げ紹介しました。次に、三佐川令子創造学園長がお祝いの言葉を述べられました。その後、オリエンテーションを行いました。次回は4月26日になります。

入校式の様子を後ろから撮影した写真入校式で氏名を読み上げている様子を後ろから撮影した写真式後のオリエンテーションをしている様子を撮影した写真スクリーンを使って説明している様子を撮影した写真