創)講義:「札幌市のオンブズマン制度」8月4日

創造学園45期専攻科は、札幌市オンブズマン事務局から、橋本將吉氏、原俊彦氏に講義していただきました。前半は、橋本様からオンブズマン制度について説明していただきました。この制度は、平成13年から始まり、全国でも比較的早い時期から実施されているということです。他の都市での実施が、何かの不祥事があって開設されているのに対し、札幌市はそうではないということです。また広く行政一般を対象としていることなどの特徴を説明してくださいました。講義の後半は、原様から、オンブズマンの活動事例を10ほど取り上げご紹介いただきました。オンブズマンが市民の側に立って、公正・中立の立場で市政に対する苦情を処理していることを学んだご講義でした。

講師の横から会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子会場の後ろから撮影した様子講師の横から会場の様子を撮影した写真

創)講義:「バス視察研修オリエンテーション」7月21日

創造学園45期専攻科は、次週のバス研修のオリエンテーションを行いました。テーマ、コース、スポット解説の順ですすみました。北海道の広大な原野を豊かな農作地になっていった経緯を振り返ると、中山久蔵、友成仲、岡崎文吉のお三方が大きな働きをしていることがわかります。その方々の足跡を事前に学習して、当日の視察研修に役立てばと思います。

島松の駅逓所の写真です稲作の父と言われる中山久蔵の写真です。北海幹線用水路に尽力した友成仲の写真です石狩川治水の祖と言われる岡崎文吉の写真です

創)視察研修:「植物園と清華亭」7月14日

創造学園45期専攻科は、北大植物園に集合し、各班、事前に決めたコースを回り、宮部金吾記念館、博物館、バラ園、高山植物園、温室等を、楽しく視察しました。正味1時間ほどの園内視察を終え、清華亭へ移動しました。清華亭ではコロナ感染防止の為、7名ずつに分かれて入館し、警備員さんの案内と説明を受けました。先週の田山先生の講義を振り返りながら、当時の様子や所縁のあるものを見て回ることができ、充実した視察研修になりました。

園内を散策している様子を撮影した写真清華亭内の掲示を見ている様子を撮影した写真宮部金吾記念館に入ろうとする様子を撮影した写真清華亭前で建物を見ている様子を撮影した写真

創)講義:「北大植物園と清華亭」 7月7日

創造学園45期専攻科は、(一財)北海道文化財保護協会副理事長の田山修三様にご講義いただきました。7月14日の視察研修「北大植物園と清華亭」に向けて、より多くの知識を得て臨んでもらおうと考えています。講義は地図の折り方「みうら折り」、サッポロベツの由来、豊平川の扇状地等のお話から始まり、植物園内の施設やコースの説明を丁寧に、エピソードを交えて軽妙な語り口で進みました。時折入る裏話に引き付けられ、時のたつのも忘れてしまうほど、心地く集中できた時間が流れました。次週の視察研修に役立つことを、たくさん得て、当日がより一層楽しみになった講義でした。

講師の横から会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子講師の後ろから会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子

創)視察研修:「市議会議場&時計台」6月30日

創造学園45期専攻科は、市議会議場と時計台の視察研修を実施しました。最初に市役所ロビーに集合しました。市議会事務局の方に迎えられ、18階の市議会本会議場に向かいました。市議会の活動や議場内部の説明をしていただいた後、学園生の質問にも丁寧に答えていただきました。見学終了後、時計台に向かいました。ここではボランティアガイドさんの懇切丁寧な説明を聞きました。ほとんどの学園生は久し振りに訪れた時計台が大切に維持管理されていることに驚きました。2階に設置されたクラーク博士の像と一緒に、楽しく記念写真を撮っていました。

市議会議場で説明を受けている様子を撮影した写真2階のホールで説明を受けている様子を撮影した写真市議会議場で説明を受けている様子を撮影した写真1階の展示室で説明を受けている様子を撮影した写真

創)講義:「SNSや地デジで市政情報をチェック」6月23日

創造学園45期専攻科は、「SNSや地デジで市政情報をチェック」というテーマで、総)広報課長の瓦本一大様にご講義いただきました。「SNSとは何か」ということから始まり、札幌市公式LINE、札幌市公式Twitter、地デジ・データ放送の話と展開しました。後半は「札幌市の情報はどうやって得ていますか」ということで、「広報さっぽろ」のほかに、STVテレビ(データ放送)やラジオ放送を実際に視聴しました。

講師の横から会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子会場の後ろから撮影した様子講師の後ろから会場の様子を撮影した写真

創)視察研修:「豊平館&中島公園」 6月16日

創造学園45期専攻科は、ウルトラマリンブルーの豊平館の前庭前に集合し、ボランティアガイドの方から説明いただいた後、各グループで館内を見学しました。2週間前の田山先生の講義を思い出しながら、当時の様子や所縁のある装飾・調度品などを見て回りました。どれをとっても素晴らしく感動しました。また、歴史的建造物として国の重要文化財に指定されているばかりではなく、公会堂、結婚式場としても活用されているとのことです。あっという間に過ぎた1時間の見学の後、同じく中島公園内を散策研修しました。

ホールでボランティアガイドの説明を聞いている様子を撮影した写真館内を見て回っている様子を撮影した写真館内を見回っている様子を撮影した写真ガス燈の説明を聞いている様子を撮影した写真

創)講義:「ドイツ・姉妹都市ミュンヘンの魅力」6月9日

創造学園45期専攻科は、札幌市国際交流員のオリヴァー・ギール氏にお話をいただきました。ドイツについて写真と動画を交えながら詳しく説明してくださいました。話は、ドイツの日常生活の様子から始まり、市庁舎のツアー観光ガイドのVTR、世界最大の祭り「オクトーバーフェスト」のVTR、そして、1500社もあるドイツビールの話と飲酒年齢制限等、ドイツの魅力がたくさん伝わってきました。また、各州で異なる教育制度の特徴にも触れられ驚かされました。限られた時間でしたが、学園生から質問も出され、それに丁寧に答えるオリヴァーさんの優しい人柄が滲み出た講義でした。

講師の横から会場の様子を撮影した写真講師の後ろから会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子会場の後ろから撮影した様子

創)講義:「豊平館と中島公園の話」6月2日

創造学園45期専攻科は、(一財)北海道文化財保護協会副理事長の田山修三様にご講義いただきました。6月16日の視察研修「豊平館と中島公園」に向けて、少しでも多くの予備知識を持って臨んでもらおうと考えています。いざ講義が始まると、田山先生の軽妙な語り口と、時折入るエピソードや裏話に引き付けられ、時のたつのも忘れてしまうほど、楽しく、心地よい時間が流れました。視察研修を前に、たくさんの知識とエピソードを得て、当日がより一層楽しみになった講義でした。

講師の後ろから会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子会場の後ろから撮影した様子講師の横から会場の様子を撮影した写真

創)講義:「今後に備えて知っておきたいお金の話」5月26日

創造学園45期専攻科は、北海道金融広報アドバイザーの横井規子様にお話いただきました。キャッシュレス化、医療介護費、フィッシング詐欺、消費者トラブルについて、具体的な事例を取り上げて丁寧に説明していただきました。キャッシュレス化の具体として、電子マネー、QR決済等を知りました。日本人の多くは現金にこだわっているという中で、高齢者にとっても大きなメリットがあることに気づかされました。また、高額療養費制度、介護保険についても具体例から細かい計算結果を通してよく理解できました。最後に、消費者トラブルについて、訪問販売や不当な契約の事例を取り上げ、しっかり法律を知って、クーリングオフで対処したり、消費生活や詐欺等の相談先のアドバイスを受けて対処したりすること等、ポイントを押さえ、とても分かりやすくお話いただきました。学園生は今後の生活の中できっと役立てていくことと思います。

講師の横から会場の様子を撮影した写真会場の後ろから撮影した様子会場の後ろから撮影した様子講師の後ろから会場の様子を撮影した写真